風俗業界 給料事情

風俗の仕事だから、給料は当然高いという思いこみはそろそろ捨てる必要があるとの噂も頻繁に出回るようになって来ました。デフレの波は風俗業界にも押し寄せていると言われています。実際に風俗で仕事をしても、コンビニ以下というケースはあるようです。給料が高いから風俗嬢の仕事をとストレートに思っている人たちは、ここの記事をしっかりお読み下さい。

大学の勉強で忙しい人たちは、なかなか規則の厳しいアルバイトに手を出すことが出来ず、自由性のある風俗嬢などに手を出したりします。契約も雇用契約ではなく請負契約という場合では、お茶代というのも期待することが出来ず、個人事業主として、風俗店の一室を借り、そこで営業する形になります。風俗嬢の人たちは定期的に出勤ということならば、固定客をしっかり確保することが出来ますが、不確定では、いつ来るか判らないので、来たいと思うお客様をなかなか作ることが出来ません。お客様が一人もつかないケースも実際にあります。個室というなら、そこで大人しく勉強をしているという有意義な時間の過ごし方もある訳ですが、やはり、目的が違うことにすぐに気付く筈です。

もちろん、こんな風俗ばかりではありません。お客様あっての風俗ということを自覚して、稼げる風俗を頑張って目指してください。更にここでは、どのような風俗が一般的にどの程度稼ぐことが出来るかということについて、追求します。やっぱり風俗は稼ぐことが出来なければ。